STUDIOSTUDY.COM
>INDEX>PRODUCTS>KOMA>発売前の告知内容
>INDEX
 >PRODUCTS
 >PROTOTYPE
 >SHOPPING
 >LINKS
 >-
 >CONTACT
(C) 2005 STUDIOSTUDY
ALL RIGHTS RESERVED
STUDIOSTUDY.COM

mail@studiostudy.com
>PRODUCTS>KOMA
発売前の告知内容
発表から製品化までの間ご覧頂いていた告知内容を参考までに残しておきます。


fig.01
JPG 480x360pxl

自転車形態
斜面上でペダルの補助により自立


fig.02
JPG 480x360pxl

自転車形態 倒立状態
自立


fig.03
JPG 480x360pxl

前部折り畳み形態
ペダル補助で自立


fig.04
JPG 360x480pxl

折り畳み形態
自立


fig.05
JPG 360x480pxl

保管・駐輪形態
折り畳み形態
自立 輪行袋に収納


fig.06
JPG 240x320pxl

玄関内保管の例
自立


fig.07
JPG 320x240pxl

前部ロック機構
前部折り畳み形態


fig.08
JPG 320x240pxl

自転車形態
屋内走行中


fig.09
JPG 480x360pxl

自転車形態
ペダル補助により自立


fig.10
JPG 360x480pxl

折り畳み形態
自立 輪行袋ケース付


fig.11
JPG 480x360pxl

自転車形態
ペダル補助により自立


fig.12
JPG 480x360pxl

試作ミニスタンドの使用例その1


fig.13
JPG 480x360pxl

試作ミニスタンドの使用例その2


mov.01
MPEG1(0.9MB)
AVI(0.7MB)

160x120pxl
折り畳み動作の動画


mov.02
MPEG1 (0.9MB)
AVI(0.6MB)

160x120pxl
輪行袋収納動作の動画

概要:

試作折り畳み自転車KAHENSHIKI type07をベースとして開発を進め、2005年02月現在製品化へ向けて準備中の折り畳み自転車です。

>INDEX>PROTOTYPE

企画・設計はSTUDIOSTUDY。
開発は、初期段階ではクワハラバイクワークスさんと、現在は株式会社スマートコグさんとの共同で進めております。

株式会社スマートコグ
http://www.smartcog.co.jp(現在開設準備中)
クワハラバイクワークス
http://www.kuwaharabike.co.jp/

省スペース化と折り畳み時の扱い易さを追求して6インチタイヤを採用しました。
なおかつ、極端に小さいタイヤでありながら一般的なシングルスピードの小径自転車と同等の走行性能・同等の乗車ポジションで違和感無くお使いいただけるよう考慮いたしました。
エアタイプの軽量サスペンションユニットをフレームに組み込んであります。小さなタイヤが不得意とする路上の段差も、歩車道境界の低いほうのブロック程度ならさほど減速を必要とせず自然に通過できます。
折り畳むと自立します。キャスターを使って転がす運搬方法が可能になります。縦に細長くなるので、電車を利用した輪行など、人混みや狭いスペースへの持ち込み時の負担が軽減されます。(fig.04)(fig.05)(fig.06)(fig.10)
折り畳み動作に必要な時間は約30秒です。ただし、自転車形態に戻す際は、各部が適切にロックされていることを確認していただく必要がありますので、より時間が必要となります。(mov.01)
輪行袋への収納は、車体を自立させたままで約30秒で行えます。サドルとタイヤのみ露出した状態で転がす運搬方法が可能です。(写真と動画に使われているのは試作品です。)(fig.05)(mov.02)
ミニスタンドを使えば、安定性は低いながら通常の自転車形態で自立させることが出来ます。(写真に使われているのは機能確認のための試作品で、製品版への採用は未定です。)(fig.12)(fig.13)
弱点としましては、微小に荒れた舗装路面では微振動を吸収できず速度が落ちる点、折り畳み操作にはクイックリリースレバーの扱いに慣れている必要がある点を確認しています。

2003東京国際自転車展、CYCLE STYLE 2003などで試乗頂いた皆様からうかがったご感想では、
・おもったよりちゃんと走る
・小さいタイヤにしては自然に乗ることが出来る
・スタートがふらつく
・走り出すと安定している(走行中もふらつくというご意見もあり)
・ハンドル幅はもっと広い方がいいのでは?
・コーナーでのハンドルの切れ込みが気になる
・ハンドルまわりの剛性感が足りない
・回転抵抗が大きい、ペダルが重い
・折り畳みのプロセスがやや煩雑では?
といったものがありました。
頂いた貴重なご意見ご指摘は、製品化に出来るだけ反映させ、皆様のご要望に添えますよう努力する所存です。

名称について:

「コマ」とお読み下さい。
「駒」=子馬(小馬)、「小間」=ちょっとした空きスペース、「細(かい)」(細い)、「コマ(独楽)」=キャスター(小さな車輪)など、複数の意味を掛けています。

主要スペック:

フレーム材質:7005アルミ
タイヤ:6インチエアチューブ
変速:シングル
ブレーキ:前後キャリパー デュアルピボットタイプ
サスペンション:リアのみ エアタイプ
ペダル:樹脂製折り畳みペダル
ハンドル:着脱式(オリジナル)
ホイールベース:900mm〜(サスペンションの調整に依る)
BB高さ:〜280mm(サスペンションの調整に依る)
クランク長さ:165mm
車体重量:9.1kg(+-0.1kg)
折り畳み最小寸法:350mmx1,075mmx270mm
希望小売価格:7万円(予価)
*データは設計・試作段階のものです。製品版では変更になる可能性があります。
*自転車展などで御覧頂いたうち、黒フレームのものは補強を追加してあるため、重量増になっています。

開発経緯:

2003年07月:試作車KAHENSIKI type07をベースに改案設計作成
2003年10月:試作車完成
2003年10月:2003東京国際自転車展に出展
2003年11月:CYCLE STYLE 2003に出展
2005年:発売予定(2005年02月現在)

新しい予定が決まり次第こちらで随時ご報告していきます。
よろしくお願いいたします。

STUDIOSTUDY.COM
>INDEX>PRODUCTS>KOMA>発売前の告知内容