STUDIOSTUDY.COM
>INDEX>PRODUCTS>KALLIMA
>INDEX
 >PRODUCTS
 >PROTOTYPE
 >SHOPPING
 >LINKS
 >-
 >CONTACT
(C) 2003 STUDIOSTUDY
ALL RIGHTS RESERVED
STUDIOSTUDY.COM

mail@studiostudy.com
>PRODUCTS
KALLIMA KAHENSHIKI SERIES
12.5インチ径タイヤの簡易折り畳み自転車


fig.01
JPG 480x360pxl

自転車形態
キャリア+かご付き
斜面上でペダルの補助により自立


fig.02
JPG 480x360pxl

自転車形態
キャリア分離
斜面上でペダルの補助により自立


fig.03
JPG 480x360pxl

自転車形態
壁に立て掛け
キャリア+かご付き
泥除けなし
KAHENSHIKI type01との比較


fig.04
JPG 320x240pxl

折り畳み(駐輪)形態
キャリア分離
自立


fig.05
JPG 480x360pxl

折り畳み(収納)形態
自立
キャリア分離
ハンドル収納位置


fig.06
JPG 320x240pxl

折り畳み(収納)形態
自立
キャリア分離
ハンドル収納位置
輪行袋(試作)に収納


fig.07
JPG 480x360pxl

自転車形態
キャリア+かご付き
斜面上でペダルの補助により自立

概要:

試作折り畳み自転車KAHENSHIKI type01〜03から機能を絞り、新しくまとめた簡易折り畳み自転車です。2005年02月現在製品化へ向けて準備中です。

>INDEX>PROTOTYPE

企画・設計はSTUDIOSTUDY。
開発は、初期段階ではクワハラバイクワークスさんと、現在は株式会社スマートコグさんとの共同で進めております。

株式会社スマートコグ
http://www.smartcog.co.jp(現在開設準備中)
クワハラバイクワークス
http://www.kuwaharabike.co.jp/

サドルを持ち上げるだけで後輪が引き寄せられ、自立させることが出来る、簡易折り畳み機構です。ロック機構などの面倒な操作は必要ありません。一瞬で前後車体長さを500mm以上縮められます。(折り畳んだ状態でサドルを下ろせばロックされます。)(fig.04 )
更にフレーム中央部を握って持ち上げると、バランス良く持ち運ぶことができます。
狭い通路での方向転換やエレベーター内への持ち込み、室内保管に役立ちます。
ハンドルポストの向きを90度変えたり引き抜くことが出来ますので、電車や自動車での輪行も可能です。ただし公共交通機関への持ち込みに適したサイズではないため、お勧めしておりません。(fig.05)(fig.06)
12.5インチタイヤと内装三段変速の採用により、急坂の登坂から高速巡航まで、幅広くカバーします。
弱点としましては、スタート時に前輪が浮きやすい点、片側一脚スタンドでは自立駐輪時の安定感が十分でない点を確認しています。

2003東京国際自転車展、CYCLE STYLE 2003などで試乗頂いた皆様からは概ねご好評を頂きました。ご感想としては、
・走りが軽快
・安定して走ることが出来る
・すこしハンドルががふらつく
・折り畳み(駐輪)状態が完成形かと思った
・フレームの色がよい
・かごがかわいい(注:かごは展示用で、製品版には付属しません。)
・キャリアがハンドルではなくフレーム側に固定されているので違和感がある
・自転車形態で走行する際に、後部フレームが固定されていないのは少し不安
といったものがありました。
頂いた貴重なご意見ご指摘は、製品化に出来るだけ反映させ、皆様のご要望に添えますよう努力する所存です。

名称について:

「カリマ」とお読み下さい。
コノハチョウの学名"Kallima inachus"からとりました。
コノハチョウはその名の通り木の葉そっくりに擬態する特徴を持つ蝶の一種です。
ピボット(回転軸)一つの簡易機構でありながら、駐輪状態で元の形を予想させず、一瞬で自転車に戻り意表をつく折り畳み方式からの連想です。

主要スペック:

フレーム材質:7005アルミ
タイヤ:12.5インチ/エアチューブ/アルミリム
変速:内装三段変速
ブレーキ:前後キャリパー デュアルピボットタイプ
サスペンション:リアのみ エラストマ
ペダル:樹脂製折り畳みペダル
ハンドル:フラットバー
キャリア:着脱式 標準装備(かご・バスケット類は含まず)
ホイールベース:約950mm
BB高さ:約280mm
クランク長さ:170mm
車体重量:9.4kg(+-0.1kg、内装三段変速、スタンド含、泥除けとキャリア含まず)
折り畳み最小寸法:740mmx810mmx270mm
        (ハンドル・サドルを引き抜きキャリアを装着しない場合)
希望小売価格:5万円(予価)
*データは設計・試作段階のものです。製品版では変更になる可能性があります。
*展示会には間に合いませんでしたが製品版には泥除けを標準装備する予定です。
*展示会で試作車のキャリアに装着していたかごは製品版には付属しません。
*試作車はスタンドが片側一脚でしたが、製品版では両立二脚になる予定です。

開発経緯:

2003年09月:企画・設計案作成
2003年10月:試作車完成
2003年10月:2003東京国際自転車展に出展
2003年11月:CYCLE STYLE 2003に出展
2005年:発売予定(2005年02月現在)

新しい予定が決まり次第こちらで随時ご報告していきます。
よろしくお願いいたします。

STUDIOSTUDY.COM
>INDEX>PRODUCTS>KALLIMA